2013年08月16日


1173761_515383738554634_1680363560_n.jpg
《劇団員リレーコラム》2013.08.16

「vol.7 ひとに歴史あり」 text by 中村玄悟

ひとに歴史あり。劇団コラソンリレーコラムをご覧の皆さん、ご機嫌うるわしゅう。どうも中村カッパです。

あっという間に2巡目に突入したこのコラムですが、2巡目は先頭の味方さんが自らのある意味ブラック過ぎるホストキャラ時代を告白したことにより、続く耕平くんもそのとんがりボーヤだった自らの闇を語りだしました。

どうやら2巡目のテーマは「人に歴史あり〜暗黒時代の告白」と解釈しました。

そりゃありますよ。男一匹、いやさカッパ一匹三十余年も生きればさ、暗闇に笑って葬り去りたい過去の一つや二つ。

みなさんも、心当りあるでしょ?

そんなわたしの歴史が冒頭の写真であります(笑)

青春まっさかり愚連隊時代のものではありません。

つい4年前のもので、映画「わが凶状(きょうじょう)半生」出演時の写真です。

タイトルからして中々にぶっ飛んだ実録暴走族もの。そんなこの作品のオーディションを受けることになったカッパは思いました。

受けるからには合格しなきゃ男じゃねえ。

そう考えたカッパさんは全力でやる気を空回りさせ始めます。

「これはやるっきゃねーーーっす!!!!」と財布を握りしめ理容室に向います。

「思いっきりやっちゃってください!!!」とオーダーし、眉毛も全て剃り落としまして
この写真の男が完成しました。

でオーディション当日。

「これで落ちたら、ちょっとオイシイかも…」なんて芸人魂が頭をよぎるも、会場の闘志ギラギラな俳優陣の輪に入ると即臨戦態勢。

任意に選ばれた二人一組で監督から演技課題が出されます。

カッパチームに出された課題は「本当は喧嘩がめっぽう弱くて、カチあった敵をなんとかやり過ごそうと必死なヤンキー」ていう、加瀬あつしさんのマンガ「カメレオン」を連想させるようなお題。

とにかく必死に全力で演じきった二人に監督ゲラゲラ笑ってくれて見事合格。

後で聞いたら「オーディションの時点で受かるかもわからないのに、パンチかけて眉剃り落として来たインパクトはデカかった。気持ちが全面にあふれ出てて気持ちよかった」

「あと、イジり甲斐がある顔だなと(笑)」

と、まぁこのイタイタしい写真の裏にもそんな感動的な(どこがかな?)エピソードが隠されているわけですが、なにが言いたいかっていうと!

オーディションだって気持ちが強いやつが勝つんだし、強い想いは相手にも、観てる人にも必ず伝わるんだっていうこと!

どうだ!!あの写真から気持ちの話にもってくとは思わなかったろう!

そんな気持ちの強さが売りの、ムダに情熱集団・劇団コラソン。快進撃の第一弾は10月17日から20日まで下北沢駅前劇場にて第26回公演が始まります。

その名もタイトル「モテなキ」。

どうです!?(笑)

そんな「モテなキ」公演情報こちら劇団コラソンFBページにて随時更新していくんで、れいのやつお願いしたいです。

あ、いいね!です。

http://www.facebook.com/gekidancorazon

そしてこちら!劇団コラソンTwitterでは最新情報も発信してるので、フォローお願い致します。

https://twitter.com/gekidan_corazon

最後まで読んでくれた皆さん、どうもありがとうっす!

毎週金曜更新劇団コラソンリレーコラム。次回の更新8月23日金曜日です。担当は「おれたちのドラ息子!原大悟」です。はたしてどんな暗黒時代が語られるのか!?((笑)お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

劇団コラソンFACEBOOKページに『いいね!』を押してね!
http://www.facebook.com/gekidancorazon
posted by 劇団コラソン at 14:37 | TrackBack(0) | リレーコラム
spacer.gif