2007年12月13日


制作の小畑です。

本日は第2回公演・演出家、鬼頭さんの紹介です。

旗上げ公演では映像を担当していただき、当日急遽、即興劇の

審査員をやる事となり、リング上にも上がっていただいた方

です。前回の公演があのような形になったので名誉挽回という

意味で気合が入ってます!!

【演出】鬼頭 理三・・・

1963年名古屋生まれ。横浜国立大学経済学部卒業後、フリーの助監督として「どついたるねん」(監督:阪本順治)、「病院へ行こう」「病院へ行こう2」「僕らはみんな生きている」「眠らない街 新宿鮫」(監督:滝田洋二郎)、「あの夏、いちばん静かな海」(監督:北野武)、「僕が病気になった理由」(監督:大森一樹)、「バタアシ金魚」(監督:松岡錠司)などで汗を流す。1998年に「少年サスペンス」(テレビ朝日系)で演出家としてデビュー。脚本家としても活躍している。2007年から演劇演出デビューし、本年度まで5作品の公演を手掛ける。
主な監督作品:「H2〜君といた日々〜」、「TRICK2」「演技者」「雪花月」「ヴァンパイアホスト」「DAY AFTER TOMORROW」「ご近所探偵TOMOE」映画「ピカンチ」・「ケイゾク」メイキング映像、「チャイニーズ・ディナー」などがある。
今年10月には秋元康プロデュース映像で「AKB48」出演の監督を行う。
posted by 劇団コラソン at 03:08 | 第2回公演『トペコンヒーロー』
spacer.gif